漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8


 


「Number DO」


「おっさんずラン」特集




MONOQLO the MONE¥」 (モノクロ・ザ・マネー) (晋遊舎)という雑誌の、家計画コンサルタント横山光昭さんの「横山裁き」という連載のタイトル周りと1カットの連載が始まりました。



tetokaで開催中の堀道広展「挑戦2018」で販売したタバコの空き箱絵を古びたかっこいい額装で飾ってくれている方がいました。(このタバコの空き箱の絵シリーズは全部売れてしまいました。)
10/21まで開催中。

(これ、去年のnowakiさんでの展示で出してたやつなんだけど、ほとんど売れなかったんですが。)







 歳をとって思うこと。漫画もずっと描いていてもデビューして10年以上とかくすぶって売れないと、「漫画を描きたい」という初期衝動とか、表現欲とか向上心とか虚栄心とか、いろんな「欲」もある程度枯れてしまい、残っている原動力みたいなもんは、その人のもはや後戻りの効かない「執念」みたいなものなんじゃないだろうか。「辞めない」という自分のプライドとの戦いとか。いろんなものが削ぎ落とされ、残るのはその人間の「執念」だけ。身の回りの人たちから「この人はもう執念だけで描いてるな」と感じるときがある。自分もそういう「片道切符の最終電車」、「執念」のような漫画を描きたい。

「執念」は、割となんでも当てはまる。
「金継ぎ」なんかもそうである。壊れてしまった、欠けてしまって不具になってしまった器の、
「まだまだ新入り(新しい器)に負けんぞ」みたいな「執念の痕跡」である。そのくらいに思える。

「挑戦2018」というダサいタイトルの展示をやってみて、思ったこと。
 展示は、人を成長させてくれる。




「Tarzan」で「勝手にターザン率」という自由な連載もやってるんすよ。
載せないとわからないから、マメにアップしていくことにする。





「Hanako」 No.1165 「無敵の大銀座!」号 (p160)


現在開催中の個展 堀道広展「挑戦2018」のことを、ライター大池明日香さんの「アートの円卓」という連載で取り上げていただきました。
大池さんは、tetokaでの展示のプロデューサーでもあります。




「セブンティーン」(2018年11月号)


まさかの「セブンティーン」デビュー。


「田舎女子高生あるある」イラスト担当。p124,125。







「ku:nel」2018年11月号

金継ぎの特集でも、当「金継ぎ部」のことを取り上げていただいています。

取材の配列から、「金継ぎ部」の力不足を実感。
このくらいが分相応なのかもしれんけど。
取材する編集さんの認識にもよるんだろうな。
世の中は、おしゃれなところに食いつきがち。




プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Template by Crow's nest