漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
「フランダースの犬」ならぬ「サスペンダーの犬」

初めて行く大きめの公園に、家族で自転車で行った。家から20分くらいのところである。
とても良い公園で、とても良い環境で、とても気に入った。

公園のすぐ横に、2軒だけリフォーム中みたいに外壁を覆った家があった。
他は空き地で、ちょっと不自然だったが新規の建築予定地かな、くらいに思った。


「こんな公園がすぐ後ろにある家なんていいな、隣の家の屋根も古くて好みだし、この家に住みたいな」と思った。

公園は広いので、別の広い芝生のある場所に移動しよう、となって移動した。
先に出てきた、リフォーム中の家の正面に回ったとき、在中している警察官がいたのが気になった。


家に帰ってから調べたら、あの家が、某一家殺人事件のあった家(とその実家)の2軒だったことがわかった。周りに家が全然なかったのと、公園の中だったのが不自然だったけど、もともと公園の造成中で、その2軒しかなかったみたいですね。。(事件の影響で、みんな引っ越していったのかと思った。)
(主に囲われていた方が現場の家で、いいなと思ったのは、そのご主人のご実家のほうであった)

犯人が、公園内の、周りに人家のない、助けを呼んでも聞こえない家を狙ったと考えると恐ろしくなった。しかし、ここのところ中古物件をいろいろ見ているが、事件のあった家は、せいぜい80平米くらいで、そこまで「豪邸」じゃない(言い方は悪いが一般的な戸建)だったのだが、もっと大きい家もあるといえばある地域なのに、あの家を狙った犯人の心理を考えると、(ポツンと独立してあるから狙い目だと思ったのか、顔見知りだったのか、など)つくづく、恐ろしいなと思った。不意な事件に巻き込まれる可能性は、誰にでもあるので。


脳みその形の弁当箱

以前、第2世代のiPad Proを購入した。
ユーチューブや、Amazonプライムを見たり、dマガジンや旅行の時、レンタカーを借りた時(娘の車酔い予防で動画を見せる)、などフル稼働して我が家でも大活躍である。素晴らしい機械だ。

今度の仕事で漫画の描き下ろしの話があって、時代の流れと思って今度はiPad Proで描いてみようと思い、さんざん迷ったが、ここは先行投資のつもりで、清水の舞台から飛び降りる気持ち、、というベタな言い回しを使いたくなるくらい身を大根おろしですりおろすような気持ちで、仕事用に買うことにした。最初の第1世代Apple Pencilも持っていたが、まったく使っていなかった。(川崎タカオさんとのライブペインティングで、一度活躍しただけ)むしろこんな時のために機会を待っていた形だった。

で、買って届いたのは、4ヶ月くらい前に出た第3世代のiPad Proである。そして、Apple Pencilに接続しようとしたが、認識してもらえない。

どうやら、互換性がないようだった・・。

第1世代のApple Pencilは、第2世代のiPad Proには使えるが、第3世代のiPad Proには使えないのである。
なんだか、親世代は親世代、子供世代は子供世代で遊びなさい。世代が代わると、話もしちゃいけないみたいに言われているような感じだ。

そして、第2世代の新しいApple Pencilは15000円くらいするのである。(第1世代より5000円高い。)元を取らないと死ねない。死んでも霊になってiPad使ってやる、と思った。

世代が合わない、というお話でした。
羽田空港にカーシェアの車で鹿児島に帰る妻子を送り、その2日後くらいにバイクで羽田まで行って、福岡の「くらすこと」金継ぎ部に行って午前午後とワークショップをして、翌日また福岡→羽田まで行って、また羽田からバイクで家に帰って(駐車料金は2日で1000円だった)、翌日、羽田にカーシェアで妻子を迎えに行った。この1週間で4度も羽田空港を往復したので、羽田に詳しくなった。

羽田空港に行ってわかったこと、覚書
・第1ターミナルと第2ターミナルを間違えるとえらい事になる。(乗り遅れる寸前。顔面蒼白)
死んでも間違えてはいけない。

・福岡とか、地方だとターミナルは1つしかないが、羽田って2つもあって大きすぎるんや、広すぎる。

・羽田空港は中にいると駐車場への案内が意外と不親切で、あんまり案内がない。大体の方角に行かないと表示がないので不便なので、大体の内部構造を把握しておいたほうが良い。(以前も、新宿駅の掃除のバイトを2年していたが、結局新宿駅の構造まで理解できなかった。)

・羽田までの行く道(環八)は、真ん中車線を走っているつもりでも、いつの間にか右折レーンを走ってたりするので、注意するポイントがいくつかある、ということ。(人生にも当てはまるが)

・福岡の金継ぎ部が6時半の飛行機で9時の博多のくらすことに着いて、午前午後ワークショップをすると、午後にはどうしても集中力が続かなくて、バテる。この日は、メシも抜いていたので当然である。それで不機嫌になってしまってはいけない。
夏休み、どこにも連れて行ってあげられないのを不憫に思い、娘の慰労を兼ねて、私と娘2人で自転車で40分くらいかかる少し遠くの、区民プールに行った。
もともとそのプールは混むと妻が調べてくれてわかっていたので、朝9時前に着くように早めに行った。
娘は、流れるプール初体験で、狂ったように楽しんでいた。
私は、流れるプールの波に酔っていたが、娘は帰りたがらないくらい楽しんでいたので、
3時間限定の券だから、と言って帰ることにした。
すぐ近くに砧公園という大きな公園があって、遊びたい、と娘が言うので、知らない家族に混じって水鉄砲などをして遊んでいたら、遠くの方から少年が歩いてきて、近くの木にカブトムシがいる、と教えてくれた。大きなカブトムシだった。遠目には気がつかなかったが、その少年は左腕の肘から下がなくて、右足も義足であった。(短パンなので、義足はわかりやすかった。)
そして少年はそのカブトムシを採るでもなく、てくてく歩いてどこかに行ってしまった。
しばらく遊んでいたが、娘も水鉄砲にも飽きたので、帰ることにした。
帰宅しても、全然娘は昼寝しなかった。
大きくなり、体力がついてきたように思う。一方親は、体力がなくなってきた。
酷暑で、何がなんやら、すべてが幻想のような出来事だったが、あれはなんだったんだろうか。

プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Template by Crow's nest