漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1294]  [1292]  [1293]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288

3月

・3月の頭に引越しをした。今までの場所から、車で1時間のところ。
保育園も片道1時間で、送り迎えで往復すると4時間。なので、3月は結局2回しか行かなかった。結局片付けも仕事もあるので出かけられないから、TV(ネトフリなど)、TV、の繰り返し。
登園しようと予定していた日も子どもの体調不良で出られず。
それに重なって、コロナウィルスでの外出自粛、である。
子供もストレスが溜まっている。
親もストレスが溜まっている。
入学式も、なくなるかもしれないという。
志村けんさんまで亡くなった。
こんな歴史年表に乗りそうなことが起こる、体験するとは思わなかった。


・引越しの後、4年住んでいたボロボロの借家を何度か撤収、掃除しに行った。掃除していると、どういうわけかその家で過ごしてきた数年の日々を思い出して、ボロボロ涙が出て、泣けて泣けてしょうがなかった。掃除機をかけながら号泣していた。どういう感情だろうか。こんな家だけど幸せだった、とか思うのかな。本当に古くて、全てにおいて安ブシンな家だったから余計に愛情が湧いたのかな。


・灯油が無くなったので、ガソリンスタンドに灯油を買いにいった。「灯油缶のふたのゴムのパッキンがなくなっていますよ(ないと絶対漏れるし揮発して減る)。」と言われ、すぐ持ってきてくれてつけてもらった。
今までは無人のスタンドでセルフで買っていたが、有人だとこういった良いことがあるんだな。
すごく些細なことだけど、そんなことを思った。


・3月は自宅の引越し、富士見ヶ丘の2万円の仕事場の引越し、があり、かなり自力で往復したので仕事にならなかった。子供もずっと家にいる。
それに加え、コロナ騒動である。めちゃくちゃ遅れてしまった。
日常の小さな出来事も、この度の新型インフルエンザの混乱でどこかに吹き飛んでしまった。


プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Template by Crow's nest