漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

そういえば・・・
「ひととき」(ウェッジ)という新幹線のグリーン車に置かれている雑誌に、ほりのぶゆき先生と交互に「ホリホリの旅の絵日記」という1p連載が始まりました。
(5月号、7月号です。)
東海道新幹線に乗って、毎回いろいろな場所へ行けるのが楽しいです。

交互連載という形式も、楽しいです。
ほり先生がどんな場所へ行くのか楽しみだし、面白いです。
そして、中学の時読んでいた「江戸むらさき特急」のほりのぶゆき先生と一緒に仕事していると思うと、嬉しくなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつのまにか「紀行もの」?の仕事が、増えてきたような気がします。
がっつりした連載漫画家ではない宿命でもあるし、旅行は好きでもあるので、ありがたいんですが、いつも「なんでこんなところにいるんだ」「不思議だな」と思いながら出かけています。






「スタディサプリ」就職・資格・キャリア号2018(リクルート)
「エスケープ占い」イラスト担当しました。










GIRLS TREND」vol.19    2018年6月配布号
 プリクラ機の発売時期に置かれるフリーマガジンにイラスト描きました。


ピンクが主体のイラストを描きました。
林家ペーパー師匠は、実際に誌面に写真で登場したので、使われず
春日さんに差し替えになりました。

供養のため、載せておきます。











「美術手帖」2018年6月号 アートと人類学
人類学特集のイラスト描きました。
4pの漫画を描いたんですが、ラフが有識者の間で物議を醸してボツになって、紹介イラストに変わりました。(下ネタが多すぎて)。そんなことってあるんですね。



リニューアルしたTVBros(東京ニュース通信社)にも
てれびのスキマさんのコラムのイラストを描かせていただいています。







爪の水虫、「爪水虫」を患い10数年、ついに治療を決意した。

(昔、漆屋さんに住み込みで働いていた時、スリッパが供用だったため、水虫に感染したことがあった。水虫は市販の薬で完治した、と思ってたら、爪が厚くなったり白く濁り始め、爪水虫と呼ばれている病気になっていた)


今まで、何度か皮膚科を受診しても塗り薬で完治するまで通わなかったし、通販で塗り薬を購入しても完治するまで持続できなかった。

今度の皮膚科では、飲み薬での治療を希望。
塗り薬では、持続力がもたないだろうと思い。

血液検査で肝臓に異常がないければ、飲み薬をもらえるらしい。ってことで、まずは血液検査。

皮膚科の看護師さんが、血液を採取してくれたんだけど、一度失敗して、血管が大きく腫れてしまった。仕切り直して二度目の採血。今度は違う手で行う。
どういうわけか、冷や汗がいっぱい出てきて、気分が悪くなって、横にさせられてしまった。血圧が急に下がってしまったようだった。健康診断では、血圧高めなんだけど、急にいつもの半分くらいの数値になってしまった。15分くらい寝かされて、帰ってきた。
翌日、また皮膚科に行ったら、今度は血液検査によると肝臓の数値が悪く、飲み薬を処方してもらえなかった。
また、塗り薬である。


プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Template by Crow's nest