漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

「anan」No.2072 p72.73   理想の相手の条件について、犬山紙子さんのページのイラスト描きました。
 






金継ぎ本の撮影で池尻に行った。
色々素材を持って行くのでレンタカーで行った。
行く途中、道を間違えて細いT字路に入ったら、Tの真ん中に駐車している自転車に、少しコスってしまった。
ま、いいや、くらいに思っていたら、クルマに少しキズがついていた。ほんの少〜〜しのすり傷。
レンタカーは免責保証の普通のやつじゃなくていっこ良いやつに入っていたから5万円の保証はついたけど、それでも2万円は自腹で罰金を払った。初めてだけど、レンタカーで事故るのは痛い。ちょっとコスっただけで、7万円もかかるんだな。こんなので2万円も払っていては何のために働いているのかわからない。2万円を天から降ってくるイラスト依頼で稼ぐのはどれだけ大変なことか。アホである。


撮影の合間に大橋ジャンクションの上にある目黒天空庭園というビルの上にある謎の公園にも行った。ビルの上に芝生や木々があるのが不思議。写真を撮るような場所がなかった。

めっきり更新が滞ってしまった。
生きています。


「新潟WEEK!」 10月号
餃子の特集のイラスト描きました。


同じ号に、古泉智浩さんも対談で載っていて、嬉しかった。
  
↑ちなみに、このイラストが王将さんからNGが出て、
描き直しました。なぜかtwitterで少しざわついた。



↑こうなりました。




「旅の手帖MOOK 女子旅行」(交通新聞社)



イラストいろいろ描きました。
旅先の大分の丹羽茶舗さんで描いた思い出。




 KAUNiS  #02(ムック本)


小学生が書いたっぽいイラスト を描きました。






どんな絵本を読んできた?」(平凡社)に寄稿しています。
表紙イラストは「この世界の片隅で」の、こうの史代さんです。
いい本だな〜



新潟の情報誌「WEEK!」9月号の仕事をしました。
おやつにまつわるエトセトラのなにがしかを描きました。





新潟について
新潟というのは、出身地の富山の隣の県だけど、実際はほとんど行ったことがない。
大きい県で、少なくとも富山より雪が降り、都会であるイメージが昔からある。
いま、情報誌の仕事をして、やっぱり市内は都会な感じがする。
実際、どんなところなんだろうか。どれほどの規模なんだろうか。昨日、埼玉の浦和と、東京の荻窪に行ったけど、規模的には、浦和や荻窪くらい、なんだろうか?
私は各地方の「街の規模」が気になる。
あほそうな文章になってきたので、このくらいにしておく。




プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Template by Crow's nest