漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3

tetokaで開催中の堀道広展「挑戦2018」で販売したタバコの空き箱絵を古びたかっこいい額装で飾ってくれている方がいました。(このタバコの空き箱の絵シリーズは全部売れてしまいました。)
10/21まで開催中。

(これ、去年のnowakiさんでの展示で出してたやつなんだけど、ほとんど売れなかったんですが。)







 歳をとって思うこと。漫画もずっと描いていてもデビューして10年以上とかくすぶって売れないと、「漫画を描きたい」という初期衝動とか、表現欲とか向上心とか虚栄心とか、いろんな「欲」もある程度枯れてしまい、残っている原動力みたいなもんは、その人のもはや後戻りの効かない「執念」みたいなものなんじゃないだろうか。「辞めない」という自分のプライドとの戦いとか。いろんなものが削ぎ落とされ、残るのはその人間の「執念」だけ。身の回りの人たちから「この人はもう執念だけで描いてるな」と感じるときがある。自分もそういう「片道切符の最終電車」、「執念」のような漫画を描きたい。

「執念」は、割となんでも当てはまる。
「金継ぎ」なんかもそうである。壊れてしまった、欠けてしまって不具になってしまった器の、
「まだまだ新入り(新しい器)に負けんぞ」みたいな「執念の痕跡」である。そのくらいに思える。

「挑戦2018」というダサいタイトルの展示をやってみて、思ったこと。
 展示は、人を成長させてくれる。




個展のおしらせ
堀 道広展「挑戦2018」

神田 TETOKA gallery 
(東京都千代田区神田司町2-16-8 1F)
03-5577--5309
http://tetoka.jp
2018.9/29sat----10/21sun
(1drinkご注文制となっております。)



何に挑戦するか・・・は、あなたの気持ちしだいかと思います。(なんでやねん)
おもに「個展という大きな山に挑戦する」、「〆切に挑戦する」
というような展示になるかと思います。

実際は、漆の一輪挿しの軍団、ペン画と塗りの絵の比較展示、漆の器、絵馬、家にある古物、
などが内容です。












ブージルさん夫妻が運営されている東京おかっぱちゃんハウスの4周年記念展「TOKYO OKAPPA SHOW」に出品させていただいています。8/12~20までです。

好きな作家さんばかりで、嬉しいです。

12日には、チンプラ(チンするプラ板似顔絵屋)もやりました。( 過去形)
(チンプラを今年いっぱい乱発していたので、チンプラ目当ての人がほとんど来ず、ある意味反省しました。)

4点ほど、(テーマの)おかっぱの一輪挿しを展示してもらってます。





(初めて行ったおかっぱちゃんハウスが、おしゃれなガレージみたいなスペースを想像していたら庄屋様のお屋敷級の大きい日本建築の家で、相模原のstudio fujinoの練馬版みたいな感じで驚いた。たのしい空間だった。)





山元かえ展 「階段五階を上ったら」
2017年6月20日〜7月1日まで
月光荘サロン 月のはなれ 
妻の山元かえ 三年半ぶりの個展です。


私も少し出品しています。
「食パン」の中に人が入っています。



その「月のはなれ」で食べた「ケサディーヤ プレート」
チリコンカンとアボカドが中に入っていて、激ウマ。

(ケサディーヤという食べ物を初めて食べたけど、チーズのピタパンみたいな感じです。メキシコ料理のファストフードらしいです。)





昨年に引き続き、4/15.16開催のみどりのクラフトでチンプラ(チン!するプラ板似顔絵屋)します。(16日のみ)
似顔ならぬ似鼻絵でも可です。似鼻の場合は、半額にします。

これが似鼻絵 (ちなみに長嶋有さんの鼻です。)




発電機を借りないといけないのが、少し憂鬱です。
ガスコンロでやるとか、ガスバーナー使うとか、代替案が浮かばずうまく解決できなかったです。


プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Template by Crow's nest