漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
丹羽茶舗さんのお茶のパッケージのいろいろな文字も、かかせていただいていました。(そういえば。。。)
欲しいな、ホストクラブの宣伝トラック
「調布テンケーマラソン」という大会の10kmの部に参加。54分。

会場の案内で、西調布から徒歩15分、と書いてあったので、
西調布から歩いたら、ぜんぜん違うところに来てしまった。
本当の会場まではとんでもなく遠くて、50分くらいかかってしまった。早めに家を出たのにギリギリで、会場まで走ってスタートに間に合った。5kmはあったんじゃないだろうか?走る前にずいぶん疲れてしまった。

自分の間抜けも加わって、そんな話ある?みたいな話だった。

天気が良く、気持ち良かった。

飛行機と同じ速さで並走する私。

日本出版クラブ会館というところで劇画家 平田弘史先生の傘寿の会 生誕80周年&画業60周年祝賀会 というのに参加した。



日本出版クラブ会館 
こんな建物あるんだ


というのも、アックスで「おれは短大出」漫画(休み休み連載中だが)の題字を平田先生に描いていただいたのでそのご縁もあって、のことだった。
 


2012年の来訪時の様子


祝賀会は穏やかに、いろいろな笑いにつつまれて進行したのですが、
そこで自分が普段目にすることのないレジェンドクラスの漫画家の先生たちを写真に収めたのでアップしておきます。


バロン吉元先生



大友克洋先生(!)
世界の・・・


 
池上遼一先生
エレクチオン・・・


とみ新蔵先生。(平田先生の実弟)
武道をされているらしく、とても元気でした。



竹熊健太郎先生と相原コージ先生
「サルまん」はバイブルです。



山松ゆうきち先生
山松先生がインドで出版された平田先生の「血だるま剣法」持ってます。
(この経緯が面白い→「インドへ馬鹿がやって来た」という本に描かれてます)




青林工藝舎の手塚編集長と平口広美先生



そして、平口先生の後頭部越しからの平田先生
手塚さん(左)もガラケーで頑張って撮影されていました。



平田先生には、「初めまして」と言われた。
平田先生の奥さんは、覚えていてくれて嬉しかった。



平田先生がおめでとうございます、なのはもちろん、
療養されている工藝舎の手塚さんにお会いできて良かった。

正直、レジェンドクラスの劇画関係の編集者や先生ばかりで、ふわふわしてしょうがなかった。
手塚さんと平口先生がいて、助かった(平口先生も初見だったが。)

80歳くらいになって、このようなお祝いをされるようには、どうやったらなれるのだろうか。そんなことを考えたら不安になった。もう1回か2回、転生しないと無理なのではないか。

今年こそ、「おれは短大出」を書籍化して、先生に献本し恩返ししたいと思った。











娘(3歳)が風邪で保育園を2日ほど休んだので、(元気なんだけど、熱がある状態)「となりのトトロ」を借りてきて観た。娘も初めてのトトロだし、自分も初めて観た。(TVで何回もやっているのでもちろん断片的には観たことがあったけど、最初から通して見るのは実は初めてだった。)娘も、おとなしく最後まで観ていた。

【「となりのトトロ」を自分の子供と観る】という絵に描いたような家族の風景を「いま自分がしている!」という小さい感動があった。しかし、中盤寝てしまい、やはり最後まで観たとは言えないトトロ半童貞、のままである。


トトロは、出だしの軽妙な音楽から子供にウケるテンプレートのような映画で、安心するものがある温かい映画であった。一昔前なら、「田舎の山奥に住む、山家みたいな山男が隣家にいていろいろ教わる」、みたいな話だろうか。姉妹の母親が入院していて、自分の子供の頃を思い出した。

翌日、病院に行ったら、娘はインフルエンザ(B型)だった。

プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 25 26 27 28
29 30
Template by Crow's nest