漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7




TVBros (東京ニュース通信社)
ワクサカソウヘイさんのオリンピックに対するコラムにイラスト描いています。


というブログをオリンピック前にあげようと思っていましたら、
すでに今日現在(3/3)ではオリンピックも終わっていました。光陰矢の如し・・。




「スリービルボード」という映画を観に行きました。
誰が良い人で、誰が悪い人なのか途中でわからなくなるような、
ラストもはっきりとしない、など、好きな要素に満ちたドンヨリ映画でした。







「DEVILMAN crybaby」むちゃくちゃ面白かった。日本に銃が流通しているのが多少引っかかったが、国際仕様か。

たまたま用事で近くまで行ったので、戸田のふりむいて裕さんの家に行った。

結婚して子供も二人いて、立派に生活している姿をみて、なんか感動してしまった。

二子玉エコマラソン(10km)出場。
会場が、北朝鮮の山村みたいに閑散としてた。ウクレレバンドの生演奏、生応援付きで、可笑しかった。だいぶ前に元日本代表の選手だった人も出ていて、ところどころ走ってくれていた。そのペースで後ろを走っていたら、なにげに自己新だった。

午後は月イチの映画会だった。
待ち合わせが三越前で、三越前駅に行ったら、なんか感じが思ってたのと違う。
待ち合わせは銀座の三越前だった。私がいるのは日本橋の三越前。

日本橋三越前のライオン。本意じゃない感。


慌てて地下鉄で行き、映画館までダッシュした。ここでまた走るとは思わなかった。
映画はシネマ歌舞伎『京鹿子娘五人道成寺/二人椀久』という作品だった。
10分ほど、爆睡してしまったが、そのあとは最後まで見た。普段は自分だと見ないので、歌舞伎の舞台裏まで見られたり、貴重な機会だった。しかし、歌舞伎の話の意味がほとんどわからなかった。雰囲気や、華を楽しむモノだとは思うが、ストーリーもわかれば、もっと楽しいのかな。
その後に見た和光での漆芸の5人展が、すごく良かった。ここまで集まると、迫力あるし感動した。

銀座で見た雪だるま。
地代いくらかな




気がついたら年が明けていて、1月も後半である。
鹿児島の妻の実家に帰省があり、
鹿児島から新幹線で日帰りの福岡のくらすこと金継ぎ部があり、
新宿のおでん屋で大竹聡さんの「こだま酒場紀行」の打ち上げがあり、新年会があり、
杉並海の家での海の市があり、今日に至る、という感じ。


老化現象のひとつか、だんだんメールのレスポンスが遅くなる。


年賀状はやっぱり書けてない。けど今年は必ず書くつもり。
出したのに旧住所で戻って来た方、すいません。必ず返事書きます。


2018.1.22
東京にも雪が降った。子どもは嬉しそうである。子ども、保育園から帰って雪遊びをしたいと言うが、妻は強く「ダメ」と言う。妻は南国育ちで、雪が嫌いだ。私は富山生まれで、北国の感覚で雪は特に何も好きでもなんでもないけど、東京に四年ぶりに降る大雪は珍しく、テンションが上がってしまった。妻は北国の人間かのように雪の「嫌い」度合いが強い。





ブロック塀の隙間に雪玉を詰めていた

小さい雪だるまたち


青林工藝舎「アックス」の忘年会の幹事が去年当たったので、幹事をやった。
新宿ネイキッドロフト。
同じく幹事のクリハラタカシさんの提案で、スーパーマリオ大会(1−1をクリアするタイムを競う大会)になった。それぞれ10.20.30位、ビリの人4人が、来年の幹事というデスゲームであった。

(反省点)
・予想外にぜんぜん人が来なくてみんな遅れてやってきて、出場者が揃わなかった。
・予想外にマリオをやったことがない人が多くて、クリアできないという人が続出した。
・司会進行の未熟さ。


そもそも、40人くらいの参加者で、幹事の可能な50歳以下、関東近辺在住、ということに絞ると、
20人弱しかいない。ほぼほぼ、高確率で幹事になってしまう。おそろしい忘年会である。
今年は(3次会、高円寺、川崎タカオさん、村岡マサヒロさんの3人)という珍しいメンツで最後までいた。翌日もフル稼動でヘロヘロになったけど、楽しかった。


プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Template by Crow's nest