漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
最近の金継ぎ修理(一部)


赤漆で補修。






大仙厓展、出光美術館。かけ足で見た。最高だった。



妻と自転車で走行中、ラジカセをけっこうな音量で鳴らしながら犬の散歩をする初老のおじいさんがいて、なにげなく追い抜いた後で、それが志村けんであったことを妻が教えてくれた。
私は志村と気付かず、全然見なかったので残念だった。むしろヤバい系のおじさんだと思ったくらい。

近くで生で見るのと、100メートル後方の見るのとでは、後者は見てないのも同じだと思っている。

(関係ないけど、コンサートなどライヴも、どうせマッチ棒以下の大きさしか見えないので、あまり行くことに魅力を感じない)

志村が、

後ろ後ろ!

状態だったのに、残念。
というか、志村さんが自分たちの生活圏内で犬の散歩していることに驚いた。


主婦の友デラックス 2017年新年特大号
中綴じ p127〜
一生ものの家事コツ手帖 イラスト 

これはためになる









POPEYE12月号  No.836(マガジンハウス)


「僕の好きなアート。」特集で、天才 後藤友香さんを紹介しています。


よく考えたら、ここでも己のアホ面が掲載されているし、
しまおまほさんの連載でも浅草の小料理屋、歩盃(ポパイ)に行った時のアホ面が載っているし、

「街道のシティ怪童」の連載もあるから、



なにげにPOPEYEに3つも名前が載ることは稀です!

たまたま見た野球でノーヒットノーランが出た、レベルに稀です。

NHKの朝ドラ「まれ」が面白かった、という人に会うくらい、稀です。




スンバ島の石の像


岩波ホールで「湾生回帰」という台湾版「ザ・ノンフィクション」みたいな映画を観た。台湾生まれの日本人が、とにかく「ふるさとは台湾」「夢に見るくらいあの頃の台湾が大好き」「台湾を忘れられない」「とにかく台湾が好き!」という映画で、そもそも統治してた側だし、子供だったしいろいろあるけど、「台湾の人はいい人、いいところ」。


プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 6
7 8 10 12
14 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Template by Crow's nest