漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [307]  [306]  [305]  [304
高円寺古書会館にて股旅堂さん主宰、特殊漫画大統領、根本敬さんトーク。聞き手は元ガロ副編集長、現アックス編集長の手塚さん。原付が途中で故障、なぜか方南町に止めてタクシー使う。

今でこそぼくもアックスに参加してたまに描かせてもらってますが、ガロ時代の話を聞くのは永遠に憧れの世界、系譜する世界と繋がっているとは思えず不思議な気持ち。根本さんなどは永遠のスターであった。

話は昭和、漫画カルチャー、ガロ、長井勝一さんの話、蛭子さんの奇形児の話や手塚治虫も赤塚不二夫も読んだことないって話、唯一キレた話。花輪さんのピュアな話、刑務所の話に及び、貴重。
手塚さんが入社試験で「万年筆を使っていたから」、という理由で試験に通ったのは著書で知っていたが、「地方出身で高卒で足腰が丈夫そう、」というファクターも含まれていたとは。たとえば東京、世田谷生まれではガロ的に言えば不利な地のりかも。
あと、新人の人を選ぶ時、マンガがどう、というのでなく基本的な人としての「生命力」の強さを見る、という話も印象的だった。ゴキブリ並の生命力が、やはり大事ということ。逆に言えば、なんで新人賞に入っただけで、描くの止めてしまう人が多いんだろう、と思う。何で成功するにしても、そうかもしれない。「足腰が丈夫そう」という話とも、繋がっている。

最後、手塚さんに前に呼んでもらったのにつまんない自分の話をスピーチして、あとで反省した。全て己を消し去らないと。この場においてもまだ「我」が前に出ることもある自分、修行が足りないと思う。そこに落ち込む。
憧れの根本さん(単行本イベントや最近の個展は、ファン過ぎて行けてない)がいて、もっとファンということをアピールすればいいんだろうけどできないのは、ガロというか根本さんへの最敬意のつもりで、大ファン過ぎて近づけないってやつです。
終わってから手塚さんや根本さんにろくに挨拶もせず帰ったけど、あまりに言葉出ず「淡白だったな、自分よ」と思いながら会場をあとにした。
根本さん手塚さんの吐く息の二酸化炭素に含まれる微量の細胞を吸収して少しでもガロ遺伝子を漫画に生かしたいと思う。ツイッターでエイプリルフールに「5億円青林工藝舎に寄付」とつぶやいたが、冗談でなく、そのくらい(はけ口を与えてもらって)「救われた」と思っている作家は多いはず(だと思う)。まじめに考えると(生活を犠牲にしたり)救われてないのかもしれませんが。。。






Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
選考基準が「生命力の強さ」というのにハッとしました。教えてくれてありがとう!
古泉 2010/04/14(Wed)18:34:46 編集
無題
>古泉さん
アックス祭りの時にも話しましたが
古泉さんなどやはり大腸菌並みに生命力の強い人としてとっくに目標にさせていただいていますよ。(マンガが面白い、というのがもちろんありますが)
2010/04/14(Wed)23:58:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 4.22 HOME 発見 >>
プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Template by Crow's nest