漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
・24日の久住昌之さんのよるのひるねでのトーク&スライド&ライヴイベントは、スライドも面白く、ライヴもあり盛りだくさんだった。ところで、「ヴ」って、福沢諭吉が考えたんだって、すごいよね。
スライドで、民家の塀にぶらさげまくったペットボトルで稲を栽培している人の、2年にわたる観察記録が笑えた。ぼく自身は、久住さんが昔、タモリ倶楽部の東京トワイライトゾーンというコーナーでカメラマンの滝本淳助さんといっしょにレギュラーで出演していたのでリスペクトを込めて、タモリのコスプレ(のようなもの)をしたが、タモリさんほどのハイスペックなコメントも当然出ず、1枚の記録写真もないほどすべっていた。すべる、すべらないとかいうはんちゅうでなく、パチンコでいうと1本の釘にすら絡まないで(そのほうが難しいくらいだが)そのままストレートに元の穴に落ちたような、なにごともなかった感じでした。
e0050813_0162466.jpg

※そんときの画像いただきました
よるひるブログより拝借)





・「ちひろ」と「みちひろ」の、「ちひろ」つながりということでもないが、下井草のちひろ美術館というところで、茂田井武展を見た。着いたらすぐに、観光バス2台分の100人くらいのおばちゃんの団体に見事に飲み込まれてしまった。ちょうど10~11時、というのが、観光バスのタイムスケジュールだったのだろう。自分も午後からバイトがあり、ちょうどこの時間でなければならなかったので、丸かぶりした。
展示はものすごく良かったが、岩崎ちひろと茂田井武の絵の違いもわからないといったおばさんに散瞳して、そういう後味だけ、残った。そういやいくらすごい展示とか見にいっても、自分はその程度(の感性)だった、というのを再確認した。つまり、どんなに高くておいしくて有名なレストランで食事をしても、そのレストランがうんこの匂いがするレストランだったら、ほかにどんなフォローするべき素晴らしい点があっても「うんこの味」という記憶しか残らないようなものだ。たとえになってませんが・・・。


・ドラマ「ギラギラ」すごいことになってきた。佐々木蔵之介はあの仕事を引き受けてよかったのだろうかと思う。しかも来週最終回。



Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
今になって
今になってうちのブログに画像をupさせていただきました!お疲れ様でした。
よるのひるね URL 2008/11/29(Sat)23:05:20 編集
無題
>よるのひるねさま
お世話になりました。帰りもあわただしく、片付けもろくにせず、失礼しました。あのブログの画像、使わせてもらいましたが、大丈夫ですよね??問題ありましたら言ってください。
2008/11/30(Sun)19:18:16 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 12月2日 HOME 11月23日 >>
プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Template by Crow's nest