漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
姉と甥っ子ふたりと母で千葉県の舞浜にある施設に行ってきました。ある年齢を過ぎたんで、どうせなら「じつはまだここに行ったことない」というのが、自分のひとつの逆自慢みたいにして周りに言うときに変なポリシーあったのですが、実は人生2回目です。
といっても1回目はほんの数年前に母親と叔母さんと、80を過ぎたおばあちゃんを連れていっしょに付き添いでついていっただけなので、「そんなのはカウントに含めない」、と自分で勝手に決めていましたので今回が初めて、ということにしようと思ったのですが、今回のこれも付き添いなので、まだ行ってないと言おうかどうしようか・・どっちでもいいか


施設内にはいろいろな特殊な重機が設置された小屋があり、大音量の音や着ぐるみを着た人が園内に大勢屯していて、夢の国を想定した演出が所狭しと繰り広げられていました。
ポップコーンが1100円もしたり、ホットドッグセットが750円もしたり、乗り物はどれも1時間待ちだし、いささか小市民には優しくない点もありますが、近くの鶯谷にもこの施設あればいいのに・・・と思いました。似たようなお城のような建物はいっぱいあるのですが・・・。
ちなみに舞浜というのは、マイアミビーチからきているそうですね。
楽しくなりそうだな、と思ったのもつかの間、途中で雨が降ってきました。(台なし・・・)
3歳児、1歳児と行ったので、どのくらい大変だったかは経験された方にしかわからないでしょうが、
乗り物も1コしか乗れなかったし、疲労しました。
IMG_1334.JPGIMG_1336.JPG















あの・・・・半分、絵!


IMG_1340.JPG









途中で見つけたこれは銀閣寺のこれ↓に似ていますが関係あるのでしょうか
10033643177.jpg










IMG_1343.JPG







施設内のシンボルとも言える龍神・雷神(仮名)との写真撮影にも長蛇(鼠?)の列。サインを求める姿も見うけられました。「ちょっと、こら、先、並んでんのよ!」と写真撮影にも一触即発の鬼気迫る人間模様も。どっちが先かでおばさんに叱られている着ぐるみの人もいました。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
とちゅうのこれと慈照寺銀閣のこれはあまり関係ないと思います。そういえば、銀閣も昔は黒漆塗りだった可能性があるみたいです。

一番下の写真の赤鼠と青の尖り帽子をかぶった姉ちゃんの間にいる男がいい味だしてますね。
みけにゃん 2008/03/22(Sat)07:50:33 編集
無題
>みけにゃんさま
銀閣、そうなんですね。
>一番下の写真の赤鼠と青の尖り帽子をかぶった姉ちゃんの間にいる男
拡大してみましたが、これは多分おばさんですね、男じゃなくて・・。お母さんかな。
2008/03/23(Sun)06:56:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Template by Crow's nest