漫画家 堀道広の告知、仕事、日常の羅列。単行本 『パンの漫画』『部屋干しぺっとり君』 『耳かき仕事人サミュエル』『青春うるはし!うるし部』。「金継ぎ部」主宰。
[1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146]  [1145]  [1144

金継ぎの磨き仕上げで使う「鯛牙」(たいき)が、あんまり売っていないのでメノウ棒で代用していたのですが、自作してみました。

鯛のお頭を用意します。いただいたものを冷凍して保存してありました。


煮てはいけない、と聞いたことがあるので、(もろくなる?)
解凍した生です。生臭いです。


すでに生臭さとの戦いです。
包丁、調理ハサミ、ペンチを駆使して顎の部分だけ採取します。

人間を解体して透明にしている気分。
(わからない人は園子温の「冷たい熱帯魚」というDVDを借りてみてください。)
使うのは、大きくて尖った「牙」っぽい部分です。




とりあえず2尾ぶんの顎の部分がこれ。
顎の各パーツから2本ずつくらい飛び出た尖ったやつが、使えそうです。
場所的には、人間の犬歯にあたる部分ですかね。







折れたものもあり、どうにかペンチなどで採取した牙が、こちら。
もうちょっとあったのに、これだけしかなくなってしまいました。
けっこう大きい鯛でも2尾ぶんで、これだけです。


ブドマリが悪い。




生臭いので、しばらく乾かします。



エポキシ系の2液性の接着剤などで、棒の先にくっつけます。
金継ぎだからこれも漆でくっつける、というこだわりがある人は、
そのようにしてください。


私はいらない筆の先をノコギリで切断して、つけました。
ちなみに、私はグルーガンを最近買ったので、それでつけてみました。
強度的には、エポキシ接着剤のほうが良いと思います。

こんな感じですね。







・・・て、全然ピントがあってない。

参考にされた方は、申し訳ない。





まあ、おおらかに、金継ぎを楽しみたいものですね。








<< 無題 HOME anan No.2030 >>
プロフィール
漫画・イラスト描きます お仕事お待ちしております
HN:
性別:
男性
職業:
まんが等
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
23 24 27 28 29
30
Template by Crow's nest